ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 防災情報 > 防災訓練等の災害補償について

防災訓練等の災害補償について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月31日更新 <外部リンク>

概要

淡路市では、市や自主防災組織等が行う防火防災訓練等に参加された方が、その訓練を原因とする事故でけがや亡くなられた場合、市が加入する「防火防災訓練災害補償等共済」で、補償をすることができます。

補償の対象となる訓練

  1. 市が主催する訓練
  2. 市の地域内の自主防災組織等が行う訓練で、14日前までに届け出のあったもの
  3. その他上記に準じた訓練

補償の種類

  1.  災害補償死亡一時金
  2.  災害補償後遺障害一時金
  3.  入院療養補償
  4.  通院療養補償
  5.  休業補償

補償できない場合

  1. 指導者または被害者の故意によるもの
  2. 補償金を受け取るべき方の故意によるもの
  3. 被害者の自殺行為
  4. 被害者の犯罪行為
  5. 被害者の精神疾患または飲酒
  6. 被害者の妊娠または流産
  7. 戦争その他変乱
  8. 大気汚染、水質汚濁等の環境汚染
  9. 被害者の疾病(細菌性食中毒を含む。)
  10. 地震、噴火、洪水、津波等の自然変異
  11. 核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故
  12. 前号以外の放射線照射または放射能汚染
  13. 前各号に掲げるもののほか、前各号に類似する原因によるもの

適用除外

  1. 企業、事業所等が実施する防火防災訓練に、業務として参加した場合
  2. 訓練の指導者
  3. 訓練の見学者
  4. 訓練中の休憩時間中の傷害
  5. 訓練会場までの往路及び帰路で傷害を受けた場合

補償する金額

財団法人日本消防協会が取り扱う「防火防災訓練災害補償等共済」のてん補金の範囲とします。
なお、てん補金額は、同共済契約約款第12条に定められています

補償を受けるには

事前の手続き

訓練を実施する組織の代表者は、訓練を実施する日の14日前までに、市に淡路市防火防災訓練実施計画書を提出してください。

防火防災訓練実施計画書 [Wordファイル/20KB]

防火防災訓練実施計画書 [PDFファイル/58KB]

事故発生の報告及び書類提出

訓練において事故が発生したときは、すぐに市に事故報告ください。

防火防災訓練事故発生状況報告書 [Wordファイル/20KB]

防火防災訓練事故発生状況報告書 [PDFファイル/67KB]

防火防災訓練災害補償等共済制度のご案内(財団法人日本消防協会のサイト)

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)