ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

クーリングオフ制度について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月25日更新 <外部リンク>

クーリング・オフとは?

  訪問販売など法律で定められた取引について、一定期間内であれば、消費者が無条件で契約を解除できる制度です。

クーリング・オフすると

  • 契約は、初めからなかったことになります。
  • 受け取った商品は事業者負担で返品し、支払ったお金は返してもらえます。
  • サービスを受けていた場合でも、対価を支払う必要はありません。
  • 損害賠償や違約金も請求されません。

クーリング・オフできない場合

  • 3,000円未満のものを現金で買った場合
  • 健康食品や化粧品など消耗品の一部を使用した場合
  • 自動車(リース含む)
  • 通信販売(インターネット取引含む)

↑これら以外でもクーリング・オフできない場合がありますので、詳しくは消費生活センターへご相談ください。↑

クーリング・オフの方法は?

  1. クーリング・オフは必ず書面で行いましょう。はがきでできます。
  2. クーリング・オフができる期間内に通知します。(期間内にはがきを出せば、事業者に届いていなくても有効です)
  3. クレジット契約をしている場合は、販売会社とクレジット会社に同時に通知します。
  4. はがきの両面をコピーしましょう。
  5. 「特定記録郵便」または「簡易書留」など、発信の記録が残る方法で送付し、コピーや送付の記録は一緒に保管しておきましょう。

はがきの記入例  

            くーおふはがき

 

「 特定商取引法」上のクーリング・オフ期間

  「特定商取引法」は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

 
   
取引類型クーリング・オフの期間
(1)訪問販売自宅訪問販売、キャッチセールス、アポイントメントセールスなど

契約書面を受け取った日から

8日間

(2)電話勧誘販売電話をかけるなどして勧誘し、申込をさせる販売形態
(3)訪問購入事業者が消費者宅などを訪ねて貴金属などを買い取る取引形態

(4)連鎖販売取引

(マルチ商法・ネットワークビジネス)

 

「他の人を販売員にするとあなたも収入が得られる」と消費者を勧誘して商品やサービスを購入させることで販売組織に加入させその加入した者が、さらに新たな販売員となる消費者を勧誘して、その商品やサービスを再販売することで利益を得る。

契約書面を受け取った日か、

再販売するために

購入した商品を受け取った日の

いずれか遅い日から20日間

(5)特定継続的役務提供

(1)エステティックサロン 

(2)語学教室

(3)家庭教師 

(4)学習塾 

(5)パソコン教室

(6)結婚相手紹介サービス

(7)一定の美容医療契約

【契約期間】(1)・(7)は1カ月を超えるもの

      (2)~(6)は2カ月を超えるもの

【支払金額】5万円を超えているもの

契約書面を受け取った日から

8日間

(6)業務提供誘引販売取引「仕事を紹介するので収入が得られる」などと消費者を勧誘し、その仕事に必要であるとして、商品やサービスを購入させる。

契約書面を受け取った日から

20日間

クーリング・オフ期間を過ぎていてもあきらめないで!すぐに消費生活センターへご相談ください

  契約時の書面不備やクーリング・オフの妨害に当たる行為があると、期限が過ぎていてもクーリング・オフできる場合があります。すぐに消費生活センターへご相談ください。

 

お問い合わせ・ご相談は・・・ 

 
淡路市消費生活センター
所在地

淡路市志筑新島10-3

イオン淡路店 アルクリオ1F

        案内図
電話番号0799-64-0999
受付時間

月曜日~金曜日 午前10時~午後5時

日曜日       午前10時~午後6時

   ※ 年末年始、祝日を除く

 

島内のどちらの窓口でも消費生活相談ができます。

 
相談窓口所在地電話番号
淡路市消費生活センター淡路市志筑新島10-3 イオン淡路店アルクリオ1F0799-64-0999
月曜日~金曜日 午前10時~午後5時、日曜日 午前10時~午後6時
洲本市消費生活センター洲本市本町三丁目4番10号 洲本市役所内0799-22-2580
平日 午前8時30分~正午、午後1時~5時15分
南あわじ市消費生活センター南あわじ市市善光寺22番地1 南あわじ市役所内0799-43-5099
平日 午前9時~正午、午後1時~4時