ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
定住情報

淡路市ってどんなとこ?

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月25日更新 <外部リンク>

淡路市の位置

 淡路島って兵庫県っていうのは知っているけど、どの辺りに位置しているのかわからないという方のために淡路市のことについてお知らせいたします。

淡路市の図

 淡路市は、津名郡を構成する6町のうち、津名・淡路・北淡・一宮・東浦の5町が平成17年4月1日に平成の大合併で誕生した新しい市です。淡路市は淡路島の北部から中部に位置し、東に大阪湾、西に播磨灘を臨み、総面積は184.32平方キロメートルです。また、本州と四国を結ぶ大動脈である神戸淡路鳴門自動車道が南北を貫通するほか、大阪湾沿いに国道28号、播磨灘沿岸に県道福良江井岩屋線、東西軸として県道富島久留麻線、県道志筑郡家線などが各集落を結んでいます。
 淡路市の地形については、津名地域・東浦地域境の妙見山(標高522m)をはじめとして、市の中央部を南北に貫く高原地帯が広がっていますが、西側はなだらかな斜面となっています。
 河川については、山間・丘陵地を源流に、まとまった流域を有する河川が少ないのが特徴で、その分貯水用のため池が数多く見られます。

淡路市の魅力と弱点

淡路市の魅力

 1.京阪神に近い田舎で都会への通勤・通学圏内にあること。
 2.豊かな自然とおいしい空気に恵まれ、爽やかな風が新鮮な気持ちにさせてくれること。
 3.ゆったりとのんびりスローペースで生活を送ることができること。
 4.釣りや陶芸など趣味に没頭できる環境があること。
 5.魚介類も新鮮で、おいしい食材がたくさんあること。
 6.平成26年8月、市内病院に産婦人科が開設されました。市内の方はもちろん、里帰り出産も可能です。

淡路市の弱点

 1.公共交通機関が少なく、島内での移動はマイカーが必要なこと。
 2.田舎暮らしを機に転職することは働く場所が少ないため困難。

淡路暮らしの生活物件探し

 淡路市へ移住された方々の物件探しの方法について紹介します。

 1.淡路島に住んでいる親族や知り合いから空き家などの物件を紹介してもらった。
 2.何度も淡路島を訪れ、馴染みになったお店の方に物件を紹介してもらった。
 3.何度も何度も淡路市を訪れ車で走り回って物件を見つけた。
 4.市役所や市内不動産業者に連絡をとり、土地や家屋を購入した。
 5.市ホームページで空き家物件の紹介を受けた。