ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 分類でさがす > くらし > 税金 > 市民税 > 個人市民税とは

個人市民税とは

印刷用ページを表示する掲載日:2011年11月29日更新 <外部リンク>

 多くの住民がそれぞれの負担能力に応じて分担し合うという性格の税金で、均等の額によって負担する「均等割」と前年中の所得金額に応じて負担する「所得割」で構成されています。

個人市民税の納税義務者は、次のとおりです。

納税義務者納める税額
市内に住所のある人均等割と所得割の合計額
市内に事務所、事業所または家屋敷のある人で、市内に住所のない人均等割額

※市内に住所または事業所などがあるかどうかについては、その年の1月1日(賦課期日)現在の状況で判断されます。

(例)平成17年10月に淡路市からA市に住所を移した人。
   ⇒平成17年度は淡路市が、平成18年度はA市が課税します。


新型コロナウイルス関連情報