ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 分類でさがす > くらし > 教育 > 学校・社会教育 > 五斗長垣内遺跡発掘調査報告書について

五斗長垣内遺跡発掘調査報告書について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年1月5日更新 <外部リンク>

五斗長垣内遺跡発掘調査報告書について

 五斗長垣内遺跡は、今からおよそ1800~1900年前の弥生時代に100年以上の間、鉄器づくりを行っていたムラの跡です。

 平成16年(2004)の台風被災の復旧を機に発見されました。

 発掘調査では23棟の竪穴建物跡が発見され、その内の12棟が鉄器づくりをしていた鍛冶工房跡であり、他に例をみない遺跡として、平成24年(2012)9月19日には国史跡に指定されました。

 平成23年(2011)3月に発掘調査報告書を刊行いたしましたので、公開いたします。

 

五斗長垣内遺跡発掘調査報告書ダウンロード

 五斗長垣内遺跡発掘調査報告書のPDFデータは下記よりダウンロードできます。(容量の大きさにご注意ください。)

 報告書の販売は行っておりませんので、ご了承ください。

 実物をご覧になりたい場合は、淡路島内の図書館、図書室に寄贈しておりますので、お問い合わせください。

 

表紙・巻首図版・はじめに・例言 [PDFファイル/2.23MB]

目次 [PDFファイル/1.05MB]

第1章 [PDFファイル/1.21MB]

第2章 [PDFファイル/1.67MB]

第3章 [PDFファイル/2.06MB]

第4章 [PDFファイル/5.63MB]

第5章 [PDFファイル/5.95MB]

第6章 [PDFファイル/8.71MB]

第7章 [PDFファイル/1.93MB]

図版 [PDFファイル/38.56MB]

報告書抄録・奥付・裏表紙 [PDFファイル/1.62MB]

正誤表 [Excelファイル/10KB]

 

 

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

新型コロナウイルス関連情報