ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 夕陽が丘クリーンセンターでの事業系資源ごみ(紙類)の受入開始について

夕陽が丘クリーンセンターでの事業系資源ごみ(紙類)の受入開始について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月9日更新 <外部リンク>

夕陽が丘クリーンセンターで事業系資源ごみ(紙類)を受け入れます(無料)

淡路市夕陽が丘クリーンセンターでは、ごみ減量化対策の一つとして事業系一般廃棄物のうち、資源化可能な紙類(新聞、ダンボール、雑誌及びその他紙類(雑紙))を受け入れます。受入手数料は無料です。夕陽が丘クリーンセンターに事業系ごみを搬入される際には是非ご活用ください。

※資源ごみのみを搬入することもできます。詳しくは夕陽が丘クリーンセンター窓口にお問い合わせください。

(注意)夕陽が丘クリーンセンターでは家庭から排出されたごみを資源ごみとして受け入れることはできません。お近くのエコプラザ<外部リンク>をご利用ください。

受入対象となる紙ごみ ※事業系一般廃棄物に限ります

(1)再生可能な新聞・ダンボール・雑誌
(2)再生可能なその他紙類(雑紙)

※その他紙類(雑紙)の例

コピー用紙、名刺、封筒、はがき、ノート、チラシメモ用紙、紙製ファイル、ダイレクトメール、ポスター、カレンダー、包装紙、紙袋、台紙、ちぎった紙、ティッシュの紙箱、トイレットペーパーやラップの芯等

(注意)
(1)ティッシュなどの紙箱のビニール部分、ラップ等の箱に付いている金属刃の部分は、取り外してください。
(2)窓付き封筒のプラスチック部分は、取り外してください。
(3)紙袋の持ち手がビニール製または布製の場合は、取り外してください。

資源ごみとして受け入れできないごみ

アイロンプリントの紙、ワックス付ダンボール、詰物としての紙(靴やかばんの中に詰め込まれている紙)、臭いのついた紙(線香や柔軟剤の包装箱)、食品残渣のついた紙、シール(雑誌の付録など)、感熱紙(レシート)、カーボン紙(宅配便の伝票)ノーカーボン紙(伝票)、青図(複写図面)、圧着はがき(親展はがき)、合成紙(選挙ポスター等)箔押しされた紙(金・銀色の折り紙)、ストーンペーパー(地図)、防水加工された紙(紙コップ)、コーティングされた紙(コピー用紙の包装紙)、シュレッダー紙、キッチンペーパー、ティッシュペーパー

新型コロナウイルス関連情報