ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 管財課(入札担当) > 公共工事における前金払の支払限度額の廃止について

公共工事における前金払の支払限度額の廃止について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月26日更新 <外部リンク>

公共工事における前金払の支払限度額の廃止について

1 概要

本市においては、前金払に支払限度額の上限を定めておりましたが、建設業者の資金調達の円滑化を図り、公共工事の適正な施工及び適正な履行の確保を図ることを目的として、令和2年4月1日以降に締結する契約について、前金払の支払限度額を廃止します。また、業務委託の前金払の支払限度額についても同様に廃止します。

 

2 現行及び改定

 

現 行

改 定

工  事

前金払の割合 10分の4以内

前金払の限度額 1億円

前金払の割合 10分の4以内

前金払の限度額 なし

業務委託

前金払の割合 10分の3以内

前金払の限度額 1億円

前金払の割合 10分の3以内

前金払の限度額 なし

 

3 実施時期

  令和2年4月1日以後に締結する契約について適用する。

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

新型コロナウイルス関連情報