ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ふるさと納税制度とは

印刷用ページを表示する掲載日:2015年4月1日更新 <外部リンク>

ふるさと納税制度とは

  ふるさと納税制度とは、ふるさとの自治体や応援したいと思う自治体へ「寄付」することにより、寄付額によって、今お住まいになっている自治体の個人住民税などが軽減される制度のことで、「ふるさとに貢献したい」、「ふるさとを応援したい」という気持ちをかたちにすることができる制度です。

だれが寄付できるの?

 出身地や居住地に関わらず、誰でも寄付できますが、税の軽減は個人住民税を納税されている方が対象となります。

どこに寄付できるの?

 すべての都道府県、市区町村に寄付することができます。

控除の手続きは?

 ご寄付いただいた年度の翌年度の個人住民税から税額控除を受けることができます。
 申告の特例の申請を行っていただくか、ご寄付いただいた方へ寄附金受領証明書を送付いたしますので、確定申告またはお住まいの市区町村への申告手続きを行ってください。

どのくらいの寄付金が必要なの?

 寄付金の上下限はありません。ただし、税額控除の適用下限は2,000円で、10,000円の寄付をした場合は、8,000円の税額控除となります。
 また、控除額の上限(目安)は、個人住民税所得割額の2割となっています。

※税額控除対象額は、寄付者の収入や家族構成によって異なります。
※詳しくは、お住まいの自治体の税担当窓口でご確認ください。