ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 改元に伴う公文書における日付等の表記について

改元に伴う公文書における日付等の表記について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月4日更新 <外部リンク>

 淡路市では、従来から公文書における日付及び年度の表記については、原則として「元号」を使用しています。

 本年4月1日に元号を改める政令が公布され、5月1日から元号が「令和」に改められますが、公文書における日付等の表記については、次のとおり取り扱いますので、お知らせします。

  1. 発信日が4月30日までの公文書の中で、5月1日以降の日付又は来年4月1日以降の年度を表示する場合、元号は「平成」を用います。
    例)平成31年5月1日、平成32年度
    ※ 発信日には、⼀般公文書の発送日のほか、証明書類の発行日、許認可書類の許認可日、契約書類の契約締結日等を含みます。
  2. 上記1によって「平成」を用いた公文書については、改元されても日付及び年度を特定するに支障はなく、法律上の効果に影響もありませんので、改元後に改元のみを理由として同様の公文書を再度発信することは行いませんので、ご理解とご協力をお願いします。
  3. 改元後に作成する公文書においては、新元号を用いますが、印刷や発送スケジュールなどの事務処理の時期の関係で、5月1日以後の日付(納期限など)が旧元号である「平成」で表記された文書が届く場合がありますが、法律上の効果は何ら変わることはありませんので、この場合は「平成」を新元号に読み替えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。