ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 社会教育課 > 成年年齢引き下げ後の淡路市成人式について(令和4年4月1日以降)

本文

成年年齢引き下げ後の淡路市成人式について(令和4年4月1日以降)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年9月15日更新
<外部リンク>

成年年齢引き下げ後の淡路市成人式について(令和4年4月1日以降)

 2022年(令和4年)4月に改正民法が施行され、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられますが、成人式の開催については、「法律に定められたものではなく、各自治体で判断する」こととなっております。淡路市では、令和4年以降もこれまで同様に、その年度に20歳になる方を対象に、式典を開催し、節目をお祝いします。
 なお、式典の名称や開催方法は未定ですが、決まり次第改めてお知らせします。

開催時期と対象年齢

※ 開催日は、これまでどおり成人の日の前日を 基本とします。(1月第2日曜日)

※ これらは今後の社会情勢等により変更になる 場合があります。

対象年齢を20歳に決定した理由

(1) 令和2年度、市内の高校3年生を対象としたアンケート結果から、約7割の方が「20歳を対象に開催する」との回   答を得る。
(2) 多くの方が大学受験や就職活動の時期を避け、落ち着いて参加することができる。(本人や保護者の負担が軽減   される。)
(3) 成人式は、対象者で構成される成人式実行委員会が企画・運営を行っていることからも、20歳が大学生や社会   人として一定の経験を積み、成人としての自覚を持つ時期であり、また、帰省や友人との再会の機会として開催するこ   とで、Uターン就職のモチベーションとなり地域活性化に繋がり、式典がより意義深いものとなる。
(4) これまで20歳の方を対象に長い間開催しており、地域や市民にも広く定着している。

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

新型コロナウイルス関連情報