ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 分類でさがす > くらし > ごみ・環境・衛生 > 環境 > 神戸空港航空機の騒音の監視と相談窓口の開設

神戸空港航空機の騒音の監視と相談窓口の開設

印刷用ページを表示する掲載日:2016年5月25日更新 <外部リンク>

神戸空港を発着する航空機騒音の監視と相談窓口の開設について

神戸空港が平成18年2月16日に開港します

  神戸市は、開港後、神戸空港を発着する航空機の騒音を監視することにしています。
  また、航空機騒音などに関する相談窓口も設けていますので、その概要をお知らせします。

開港時は市内3ヶ所で監視を行います。

  開港時は淡路市の3地点で監視を行います。その他、神戸市や明石市でも監視を行います。
  監視地点は、住居地域を中心に、飛行経路に比較的近い場所を選定しました。この監視地点は必要に応じて見直します。

常時監視も行います。

 3地点のうち、「松帆の郷」では、航空機騒音を常時測定する監視局を設置する予定です。
 その他の地点では、年数回の頻度で期間を定め、観測員が航空機の音を確認しながら測定を行います。

結果は市民のみなさまに公表されます。

 調査結果は、データが整理でき次第早くに公表されます。

 神戸空港を発着する航空機の騒音や電波障害についての相談窓口は次の通りです。

電話連絡先:関西エアポート神戸(株) 統括部

 Tel:078-940-2574

 土曜日・日曜日・祝祭日を含めて、午前9時から午後5時30分まで受け付けます。
 (これ以外の時間帯は留守番電話となりますので、案内にしたがって住所、氏名、連絡先、相談内容をお伝えください。

航空機騒音監視地点(淡路市内)

  1. 淡路市岩屋「松帆の郷」 (常時観測)
  2. 淡路市野島貴船平見
  3. 淡路市岩屋「アソンブレホール」