ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 分類でさがす > 観光 > 観光スポット・イベント > 特産品 > 食育のページ > 淡路市探検隊ハモ篇  "淡路島の初夏の味覚ハモ!" 2010年6月28日号

淡路市探検隊ハモ篇  "淡路島の初夏の味覚ハモ!" 2010年6月28日号

印刷用ページを表示する掲載日:2012年6月21日更新 <外部リンク>

今月の特集:淡路市でこの夏開催される「のぼり鱧まつり」!

淡路市探検隊、今回は夏の味覚・ハモを大特集!

夏を間近に控え、梅雨の季節になると、産卵のために太平洋の黒潮にのって瀬戸内海に入るハモは、明石海峡までやってくるそうです。餌の豊富な明石海峡周辺までやってくるハモは、特に「のぼりハモ」といわれ、身が太って脂の乗りも抜群なのだとか。淡路市ではこの夏、その「のぼりハモ」を皆さんに味わっていただこうと「のぼり鱧(ハモ)まつり」が開催されます!

※「のぼり鱧まつり」は2010年度実施された事業です。今年度は開催されませんが、美味しい鱧は市内各店舗で引き続きご賞味いただけます!

めくるめく繰り広げられるハモ料理の数々・・・

関西では夏の風物詩となっているハモ。淡白で上品な味のハモは、様々な料理に使えるオールマイティな食材です。魚篇に豊と記される所以なのかもしれませんね。涼やかな「ハモの落とし」、油との相性を活かした「天ぷら」、照り焼きにしたハモを使った「ハモ寿司」といった和食から、香草パン粉焼きなどの洋食まで。「のぼり鱧まつり」開催時には、各店舗ごとに趣向を凝らしたハモ料理の数々をお楽しみいただけます。

 淡路島の郷土料理「ハモスキ鍋」

ハモと同じ時期に旬を迎える、淡路島産玉ねぎとハモが織りなす絶妙なコラボレーション「ハモスキ鍋」。ハモの旨味がたっぷり含まれた出汁に、淡路島産の玉ねぎとハモの身を煮て味わうこのハモスキ鍋、玉ねぎの甘味で味わうハモの味がたまりません!また、産地ならではの豪快ハモスキ鍋も取材してきました。