ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > オミクロン株対応ワクチン接種を実施中!接種体制が変わっています

本文

オミクロン株対応ワクチン接種を実施中!接種体制が変わっています

印刷用ページを表示する掲載日:2022年10月3日更新
<外部リンク>
オミクロン株対応ワクチン(ファイザー社)の接種を実施します。
重症化予防効果とともに、持続期間が短い可能性があるものの、感染予防効果や発症予防効果も期待されます。
9月26日以降、体制の整った医療機関から順次ワクチンを切り替え、10月3日以降、個別接種を実施しているすべての医療機関で実施します。

対象は、初回(1・2回目)接種を完了した12歳以上のすべての方です。

接種体制が変わっています

オミクロン株対応ワクチン接種に伴い、接種体制が変わっています。
医療機関による個別接種、集団接種ともにオミクロン株対応ワクチン(ファイザー社)を使用します。
小児(5~11歳)の方も3回目接種が受けられるようになりました。
詳細は、下記ワクチンニュース第10号をご覧ください。
オミクロン株対応ワクチン

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)