ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 【国制度】低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)について

【国制度】低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月15日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、食費等の物価高騰に直面する低所得の子育て世帯に対して、給付金を支給します。

給付対象者

以下、 (1)〜(3) のいずれかに該当する⽅(児童扶養⼿当法に定める「養育者」の⽅も対象になります。)

(1) 児童扶養手当受給者

  令和4年4⽉分の児童扶養⼿当を受給している方

 

(2) 公的年金給付等受給者

  公的年⾦給付等(遺族年⾦、障害年⾦、⽼齢年⾦、労災年⾦、遺族補償など)

  を受給しており、令和4年4⽉分の児童扶養⼿当の⽀給を受けていない方

※令和2年中の収入(年金受給額を含む)が、児童扶養手当の支給制限限度額を下回る方に限ります。

※過去に児童扶養手当の申請をしていた場合、年金受給を理由に令和4年4月分の児童扶養手当の

  支給が全部または一部支給停止されたと推測される方も対象です。

 

(3)家計急変者

  申請時点で児童扶養手当の受給要件を満たし、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変

   し、収入が児童扶養手当の支給制限限度額を下回る方

  

支給額

児童1人当たり5万円(1回限り)

※対象児童とは、下記の児童扶養⼿当⽀給対象の児童が対象です。

 ・18歳の年齢到達後の、最初の3⽉31⽇が令和5年3⽉31⽇以後である児童

 ・特別児童扶養手当の対象となっている児童については、20歳未満の者

申請方法・支給について

(1)令和4年4月分の児童扶養手当を受給している方

申請は不要です。

ただし、(1)給付⾦の受給を希望しない場合や、(2)児童扶養手当の指定口座を解約しているなど、口座の登録が必要な場合は、令和4年6月23日(木)までに、子育て応援課へ届出が必要です。

(1)(様式第1号)受給拒否の届出書 [PDFファイル/83KB]

(2)(様式第2号)給付金(ひとり親世帯分)支給口座登録等の届出書 [PDFファイル/115KB]

 

■支給予定日:令和4年6月29日(水)

 児童扶養手当を支給する金融機関口座への振り込みにより支給します。

※対象となる方へ、令和4年6月中旬に通知を送付します。
 

(2)公的年⾦給付等を受給しており、令和4年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない方

期限内に申請が必要です。

下記の申請書類を子育て応援課まで郵送いただくか、子育て応援課又は各事務所窓口へご持参ください。

※児童扶養手当を申請していない方で、支給対象になると思われる方は、窓口又は電話にて事前にお問い合わせください。

■申請書類・提出物

(1)(様式第3号)低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)申請書(請求書) [PDFファイル/178KB]

(2)(様式第4号)簡易な収入額の申立書(申請者本人) [PDFファイル/372KB]

(3)(様式第4号)簡易な収入額の申立書(扶養義務者) [PDFファイル/369KB] ※扶養義務者全員分の提出が必要

(4)(様式第4号)簡易な所得額の申立書 [PDFファイル/218KB] ※所得による判定を希望する場合は必要

(5)申請者本人、扶養義務者等の令和2年中の収入額が分かる書類(令和3年度所得課税証明書、給与明細等)

(6)申請者本人、扶養義務者等の令和2年中の年金受給額が分かる書類(年金振込通知書、年金額改定通知書等)

(7)戸籍謄本または戸籍抄本 ※児童扶養手当認定者は不要

(8)申請者・請求者の本人確認書類の写し(コピー)

(9)受取口座を確認できる書類の写し(コピー)

 

■審査結果及び支給日

 審査の結果は郵送により通知します。なお、支給日は通知書に記載します。

 

■申請期間

 令和5年2月28日(火)必着

 ※期限を過ぎた場合は、申請を受け付けることができませんので、ご注意ください。

 

■注意事項

 給付金の支給後、給付金の支給要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただく必要があります。

 

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準になっている方

期限内に申請が必要です。

下記の申請書類を子育て応援課まで郵送いただくか、子育て応援課又は各事務所窓口へご持参ください。

※児童扶養手当を申請していない方で、支給対象になると思われる方は、窓口又は電話にて事前にお問い合わせください。

■申請書類・提出物

(1)(様式第3号)低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)申請書(請求書) [PDFファイル/180KB]

(2)(様式第4号)簡易な収入見込額の申立書(申請者本人) [PDFファイル/397KB]

(3)(様式第4号)簡易な収入見込額の申立書(扶養義務者) [PDFファイル/193KB] ※扶養義務者全員分の提出が必要

(4)(様式第4号)簡易な所得額の申立書 [PDFファイル/189KB] ※所得による判定を希望する場合は必要

(5)申請者本人、扶養義務者等の令和2年2月以降の任意の1ヵ月の収入額、年金額が分かる書類

 (給与明細書、年金振込通知書等) ※申請月の直近の明細等をご準備ください。

(6)戸籍謄本または戸籍抄本 ※児童扶養手当認定者は不要

(7)申請者・請求者の本人確認書類の写し(コピー)

(8)受取口座を確認できる書類の写し(コピー)

※収入見込額の申立書へは、令和2年2月以降の直近の収入をご記入ください。

※令和4年4月以降に児童扶養手当の新規認定を受けた方は、支給要件に該当した日の属する月以降の月を

 任意の1ヵ月としてください。

 

■審査結果及び支給日

 審査の結果は郵送により通知します。なお、支給日は通知書に記載します。

 

■申請期間

 令和5年2月28日(火)必着

 ※期限を過ぎた場合は、申請を受け付けることができませんので、ご注意ください。

 

■注意事項

 給付金の支給後、給付金の支給要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただく必要があります。

参考

児童扶養手当支給制限限度額

支給制限限度額表

人数

支給制限限度額となる収入(見込み額)

申請者本人(父母)

養育者及び扶養義務者

0人

3,114,000円

3,725,000円

1人

3,650,000円

4,200,000円

2人

4,125,000円

4,675,000円

3人

4,600,000円

5,150,000円

4人

5,075,000円

5,625,000円

5人

5,550,000円

6,100,000円

※人数:申請者が生計を同じくし、養っている親族数など

※6人以上いる場合は、1人増えるごとに475,000円を加算した額となります。

※扶養義務者とは、申請者と同居している父母兄弟姉妹などをいいます。

案内チラシ

  低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)チラシ [PDFファイル/757KB]

  ■フローチャート [PDFファイル/66KB]

厚生労働省コールセンター

  ■厚生労働省 給付金コールセンター

   0120-400-903 (受付時間 平日9時00分~18時00分)

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)