ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 財政課 > 淡路市の行財政改革についての提言【平成26年度】

淡路市の行財政改革についての提言【平成26年度】

印刷用ページを表示する掲載日:2014年11月20日更新 <外部リンク>
  平成26年11月14日に、淡路市行政改革等審議会の大津会長から門市長へ提言書が手渡されました。
提言書を手渡す大津会長と受け取る門市長の写真

淡路市行政改革等審議会

  市長から委嘱された市民委員10人で構成されており、効果的かつ効率的な市政の実現のため、市の行財政改革の推進状況について審議されました。

提言項目

     
     1 主要な提言
      市行政と市民とのコミュニケーションの醸成
      (主要な提言の推進について)
       (1)わかりやすい情報発信
       (2)職員の説明責任能力の向上
     2 早期に改善を要する提言
       (1)民間活力を利用した淡路市のP Rについて
       (2)定住促進対策について
       (3)企業誘致について
       (4)後継者対策、新規起業者支援について
       (5)保育所、小中学校の運営について
       (6)自主財源の確保
       (7)駐車場整備
      【その他、審議会で出された主な意見】

     ※詳細は、下記の提言書をご覧ください。

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)