ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 財政課 > 淡路市の行財政改革についての提言【平成24年度】

淡路市の行財政改革についての提言【平成24年度】

印刷用ページを表示する掲載日:2012年10月24日更新 <外部リンク>
行政改革等審議会から、平成24年度淡路市の行財政改革についての提言が市へ提出されました。

 ◇10月15日に行政改革等審議会委員から、平成24年度の提言書が門市長へ手渡されました。
提言書 写真

行政改革等審議会

市長から委嘱された市民委員10人で構成されており、効果的かつ効率的な市政の実現のため市の行財政の改善合理化や施策・事務事業に
係る行政評価について調査審議を行います。本年度は、審議会を3回開催し、市の行財政改革等について議論しました。

提案項目

     1 事務事業の委託化、民営化の基本方針について
      (1)指定管理制度等の推進
      (2)民間活力の導入
      (3)休止施設等の有効活用
      (4)住民サービスの堅持

     2 参画と協働に基づいた市民交流のまちづくりについて

     3 税・使用料等の適正な収納による財源の確保について

     ※詳細は、下記の提言書をご覧ください。

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)