ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 危険空き家除却支援事業について

危険空き家除却支援事業について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月16日更新 <外部リンク>

危険空き家除却支援事業について

淡路市では居住環境の整備改善を図り、もって安全かつ安心な住まいとまちづくりを推進するため、市内に存する危険空き家の除却に要する費用の一部を補助しています。

事業内容について

補助対象空き家

次の1から4にすべて該当するものが、補助対象空き家になります。

  1. 市から助言または指導を受けているもの
  2. 主として居住の用に供されていたもの
  3. 倒壊等により道路等を通行するものまたは近隣の住民等周辺に危険が及ぶ恐れがあり、危険空き家判定基準で合計点数が100点以上あるもの
  4. 市が、街並み景観等良好な住環境の観点等から、危険空き家の除却について支障がないと判断したもの

補助対象者

次の1から3にすべて該当するものが、補助対象者になります。ただし、市税等の滞納がある人や権利者(抵当権者など)からの同意を得られない人は対象者となりません。

  1. 危険空き家を所有する者であって、この危険空き家の除却工事をしようとする者であること。
  2. 所有者のほかにこの危険空き家の所有権その他の権利を有する者(共有者等)がある場合には、この危険空き家の除却について、すべての共有者等の同意を得ていること。
  3. 1から2の要件を満たす者の属する世帯員すべての者が、申請年度の前年度までの市税を滞納していないこと。

補助対象工事

次の1から3にすべて該当するものが、補助対象工事になります。

  1. 市内に主たる事業所を有する法人または市内に住所を有する個人事業者が施工すること。
  2. 補助金の交付決定前に着手した工事でないこと。
  3. 他の補助金等の対象となる工事でないこと。

補助金額

次の表のとおり。

補助対象経費

補助率または補助金限度額

建物の除却工事費の額(その額が標準除却費のうちの除却工事費の額を超えるときは、標準工事費のうちの除却工事費の額)

200万円以上

133万円

200万円未満

3分の2

※建物の除却工事費とは、建物本体の解体、運搬、処分に要する費用とし、家財道具の搬出等は含まないものとする。

※標準除却費については、交付要綱をご確認ください。

申請方法について

次の書類を揃えて、淡路市都市計画課(市役所本庁舎1号館1階20番窓口)へ提出してください。

申請書類
  1. 危険空き家除却支援事業補助金交付申請書
  2. 誓約書
  3. 納税状況調査依頼書
  4. 委任状(申請者が委任される場合に必要)
  5. 位置図(住宅地図等)
  6. 平面図(間取りと延べ床面積が分かるもので実測寸法記入)
  7. 現況写真(除却前の写真で全景及び破損部)
  8. 登記事項証明書または土地家屋名寄帳兼課税台帳(所有者と面積が確認できるもの)
  9. 所有者が亡くなられている場合は、建物所有者を特定できる書類(申請者の住民票、戸籍抄本、除籍謄本、改製原戸籍、戸籍附票等を添付して相続関係図等を作成すること)
    (相続人複数の場合は、同意書も提出が必要。)
  10. 工事見積書(3社見積もり)
申請書関係様式(ダウンロード)

淡路市危険空き家除却支援事業補助金交付要綱 [Wordファイル/29KB]

淡路市危険空き家除却支援事業補助金交付申請書 [Wordファイル/22KB]

誓約書 [Wordファイル/17KB]

納税状況調査依頼書 [Wordファイル/16KB]

委任状 [Wordファイル/17KB]

同意書 [Wordファイル/15KB]

淡路市危険空き家除却支援事業補助金中止(廃止)届 [Wordファイル/21KB]

淡路市危険空き家除却支援事業補助金変更申請書 [Wordファイル/21KB]

報告方法について

事業完了後は、次の書類を揃えて、淡路市都市計画課(市役所本庁舎1号館1階20番窓口)へ提出してください。

実績報告書
  1. 危険空き家除却支援事業補助金実績報告書
  2. 危険空き家除却支援事業補助金実績報告書資料
  3. 工事写真(施工前・施工中・施工後で同じアングルのもの)
  4. マニフェストD票・E票(工期内のもの)
  5. 領収書
  6. 工事費内訳書
実績報告書様式(ダウンロード)

淡路市危険空き家除却支援事業補助金実績報告書および別紙資料 [Wordファイル/22KB]

その他様式(ダウンロード)

添付書類確認一覧 [Wordファイル/17KB]

淡路市危険空き家除却支援事業補助金請求書 [Wordファイル/22KB]

注意事項

予算の範囲内で、申請先着順です。

建築物を除却することにより、翌年度より敷地の固定資産税が増額となる場合があります。

申請書類に不備があった場合は、受付できませんので十分注意してください。