ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 分類でさがす > くらし > 戸籍・住民票・証明 > 印鑑登録 > 印鑑登録証や印鑑をなくしたとき

印鑑登録証や印鑑をなくしたとき

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月13日更新 <外部リンク>

印鑑登録証や印鑑登録している印鑑をなくしたときは、印鑑登録の廃止申請の届出をしてください。

お持ちいただくもの

〇本人が申請する場合

  • 身分証明書(運転免許証などの官公署が発行した顔写真付きの身分証明等)
  • 認印

〇代理人が申請する場合

  • 委任状
  • 代理人の認印
  • 代理人の身分証明書(運転免許証などの官公署が発行した顔写真付きの身分証明等)

※印鑑登録証をなくしたときは、印鑑登録証明書の交付を受けられなくなりますので、廃止申請後新規登録のときと同様に、改めて印鑑登録をしなおしてください。

※登録している印鑑をなくしたり、登録印鑑を変更するときも同様の手続きが必要です。

※淡路市から転出した場合は印鑑の登録が抹消されます。

※氏名、氏または名の変更があったとき(登録されている印影を変更する必要のない場合を除く)は印鑑の登録が抹消されます。

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)