ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 社会教育課 > 五斗長垣内遺跡(ごっさかいといせき)のご案内

五斗長垣内遺跡(ごっさかいといせき)のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月28日更新

史跡五斗長垣内遺跡(国指定)

五斗長垣内遺跡は、今からおよそ1,800~1,900年前の弥生時代後期に鉄器づくりを行っていたムラの跡です。発掘調査では23棟の竪穴建物跡が見つかり、その内の12棟で鉄器づくりを行っていたことがわかりました。100点を超える鉄製品をはじめ、多数の石製鍛冶工具類なども発見されており、当時の鉄器づくりの様子を詳しく知ることができる遺跡として、その重要性が高く評価され、平成24年9月19日に国史跡に指定されました。
五斗長垣内遺跡

お問い合わせ

五斗長垣内遺跡活用拠点施設

・開  館   9時00分~17時00分
・休館日  月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月28日~1月3日)
・入館料  無料 

〒656-1601 兵庫県淡路市黒谷1395-3番地
Tel:0799-70-4217 Fax:0799-70-4217
五斗長垣内遺跡地図