ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 分類でさがす > くらし > 福祉 > 障がい者福祉 > ストマ用装具の給付について

ストマ用装具の給付について

印刷用ページを表示する掲載日:2012年4月1日更新 <外部リンク>

概要

 ストマに装着する装具(蓄便袋または蓄尿袋(パウチなどともいう)及びそれに付随する用具等)の購入については、「淡路市日常生活用具給付等事業」による給付が受けられます。購入前の申請が必要ですので、下記のとおり手続きをお願いいたします。

給付の対象者

 対象となる方は、以下の条件を満たしている方です。ストマを造設していても、身体障害者手帳に障害の記載がなければ対象となりませんので、身体障害者手帳の交付または障害名追記をご検討ください。

  • ストマを造設している
  • 身体障害者手帳の交付を受けている
  • 身体障害者手帳に「直腸」または「ぼうこう」の障害について記載がある

給付数量、金額等について

蓄便袋

  • 1回の申請で <2ヵ月分> <4ヵ月分> <6ヵ月分> の給付が可能です。
  • 1回の申請で給付可能な月数と金額(基準額)の組み合わせは、以下のとおりです。
    2ヵ月分17,716円
    4ヵ月分35,432円
    6ヵ月分53,148円
  • 事業者とご相談の上、申請した月数の金額内に収まるよう購入する用具をお決めください。
  • 1年度あたり最大12ヵ月分まで給付可能となっています。

蓄尿袋

  • 1回の申請で <2ヵ月分> <4ヵ月分> <6ヵ月分> の給付が可能です。
  • 1回の申請で給付可能な月数と金額(基準額)の組み合わせは、以下のとおりです。
    2ヵ月分23,278円
    4ヵ月分46,556円
    6ヵ月分69,834円
  • 事業者とご相談の上、申請した月数の金額内に収まるよう購入する用具をお決めください。
  • 1年度あたり最大12ヵ月分まで給付可能となっています。

給付の流れ

  1. 初めての場合は、事前に購入する事業者を決めて、当制度(日常生活用具給付等事業)を利用して購入する旨を事業者へお伝えください。その際、購入する物の相談をしておくと、購入がスムーズに進みます。
  2. 市役所または地域事務所で申請を行ってください。
  3. しばらくすると、市から自宅に給付を決定するか否かの書類が郵送されます(以下参照)。内容をよくご確認になり、次の手順へお進みください。
  4. 用具の給付が決定された場合は、事業者へ連絡して市から給付決定を受けた旨をお伝えになり、品物をご注文ください。
  5. 事業者から品物を受け取り、給付券を事業者へお渡しの上、必要な代金(給付券に記載の自己負担額+超過分)をお支払いください。

(ご注意) 給付申請は、用具を購入する前に行ってください。購入後の申請はお受けいたしかねます。

申請後に市から送付する書類について

給付が決定された場合

 給付が決定された(=用具の購入ができる)場合、以下の書類が郵送されますので、給付が決定された旨を事業者へご連絡ください。
 給付券にはお名前をご記入いただく場所がありますので、事業者へお渡しになる前に記名と押印をお願いいたします。

通知書、給付券の流れ

 なお、「日常生活用具給付決定通知書」「日常生活用具給付券」は1枚で2ヵ月分となっています。したがって、6ヵ月分申請した場合はそれぞれが3枚ずつ、合計で6枚の書類が届きます。

給付が決定されなかった場合

 給付が決定されなかった(=用具の購入ができない)場合、その旨を記載した書類が郵送されますので、内容をご確認ください。

自己負担額の算定について

 対象者の世帯の所得状況に応じて、自己負担額が異なります。

自己負担額

  • 世帯全員の市民税が非課税の場合  0円
  • 世帯の中に市民税課税の方がいる場合  基準額の1割
    (ただし1割負担の上限を37,200円とし、それ以上は負担不要)

(ご注意) 基準額を超えた部分は、所得区分に関わらず全額自己負担となります。

自己負担額の算定対象となる世帯の範囲

  • 対象者が18歳以上  対象者本人とその配偶者
  • 対象者が18歳未満  対象者の保護者と同じ住民票上の世帯員全員

いつの市民税を自己負担額の算定に使うのかについて

  • 給付決定が4月から 6月の場合  前年度(前々年所得)の市民税額
  • 給付決定が7月から12月の場合  当年度(前年所得)の市民税額
  • 給付決定が1月から 3月の場合  当年度(前々年所得)の市民税額