ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > マイバッグを持ちましょう

マイバッグを持ちましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2011年11月29日更新 <外部リンク>

マイバッグを持参しましょう

買い物をしたときに品物を入れるレジ袋、日本で1年間に使われるレジ袋の枚数は約300億枚で国民1人が1日に1枚を使用している計算になります。

マイバッグを持参し、レジ袋を断ると

  • 省資源につながります
    レジ袋を1枚作るためには石油が18.3ml必要です。1年間で60万klになります。
  • ゴミの減量化につながります。
    レジ袋を断れば、家庭から出るゴミの6~7%が削減可能です。
  • 地球の温暖化防止につながります。
    レジ袋を燃やすと1枚について約9gのCO2を排出します。
  • 環境美化や生態系の保護につながります。
    レジ袋をポイ捨てされているのをよく見かけます。捨てられたレジ袋はいつまでたっても無くなりされません。
    野生動物が、餌と間違えて食べそれが原因で死んでしまうことがあります。死んだ動物の胃の中から大量のレジ袋が出てくることが少なくありません。
  • お得なことも
    スーパーや小売店ではレジ袋を断るとスタンプがもらえたり、ポイントがついたりしてたまると商品や金券がもらえるところがあります。
マイバッグの例
マイバッグの例1マイバッグの例2
大手スーパーのバスケット型昔ながらのふろしき

大手スーパーのバスケット型

昔ながらのふろしき

マイバック用バッグは、シンプルな手提げから折りたたんで小さくなるもの、レジカゴにぴったり入るもの、レジカゴそのものまで、素材も綿や再生プラスチック素材など、様々なバックがあります。
昔ながらのふろしきは日本古来のマイバッグといえるでしょう。
ハギレなどを利用して自分で作るのも楽しいですよ。買い物が楽しくなるマイバッグをあなたも持ってみませんか。

※容器包装リサイクル法の改正により、小売業等について、一定量以上の容器包装を利用する事業者に対し、取組状況の報告を義務付け、取組が著しく不十分な場合は勧告・公表・命令を行う措置を導入されます。このため大手スーパーチェーンでは、レジ袋を有料化の検討を始めています。

環境省 広がるレジ袋削減の取組HPへのリンク<外部リンク>

淡路市生活環境課はチーム・マイナス6%のメンバーです。

チーム・マイナス6%<外部リンク>

登録番号:RTY2123051

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)