ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > 「年末の交通事故防止運動」が実施されます

「年末の交通事故防止運動」が実施されます

印刷用ページを表示する掲載日:2021年11月24日更新 <外部リンク>

12月1日水曜日から12月10日金曜日まで
「年末の交通事故防止運動」が実施されます。

 

夕暮れ時は、交通事故が多発する時間帯です。

 

歩行者のみなさんは、反射材を身に付け、通り慣れた道でも

しっかりと安全確認をしましょう。

 

ドライバー、自転車利用のみなさんは、早めのライト点灯を心掛け

思いやりとゆとりのある運転に努めてください。

 

年末の交通事故防止運動チラシ 表 年末の交通事故防止運動 裏

年末の交通事故防止運動チラシ [PDFファイル/3.22MB]

運動重点

子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

横断歩道合図(アイズ)運動を実践しましょう
 信号機のない横断歩道で、歩行者・運転者の両方が手をあげるとともに、目で合図(アイコンタクト)を行うことで事故の抑止を図る運動です

歩行者も交通ルールを守りましょう
 信号を守る、横断歩道を渡る、無理な横断をしない

歩きスマホなどの「ながら行為」は危険なのでやめましょう

高齢運転者等の安全運転意識の向上

横断歩道は歩行者優先です
 横断しようとする歩行者がいる場合、必ず止まりましょう

全席シートベルトを着用し、チャイルドシートは正しく使用しましょう

「思いやり・ゆずり合い」運転を実践しましょう

飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶

「飲酒運転」「あおり運転」は重大な犯罪です! 絶対にやめましょう

飲酒運転追放「三ない運動」を実践しましょう

飲酒運転「三ない運動」

酒を飲んだら運転しない

運転するときは酒を飲まない

運転する人には酒を飲ませない

夕暮れ時と夜間の交通事故防止

車も自転車も、早めにライトを点灯しましょう
 【ライト点灯推奨時間:午後4時~】

車はハイビームを活用しましょう

歩行者、自転車は反射材を活用しましょう

自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底

自転車は車の仲間です

「自転車安全五則」を実践しましょう

  1. 自転車は 「 車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は 左側を通行する
  3. 歩道は歩行者優先で 車道寄りを徐行する
  4. 安全ルールを守る(飲酒運転・二人乗り・並進の禁止等)
  5. 子供はヘルメットを着用する

兵庫県では自転車を利用する場合、保険等に加入しないといけません!

問い合わせ先

淡路警察署 0799-72-0110

危機管理課 0799-64-2555

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

新型コロナウイルス関連情報