ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > まちづくり政策課 > 2050年ゼロカーボンシティの表明について

2050年ゼロカーボンシティの表明について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年8月11日更新 <外部リンク>
淡路市は、令和3年1月28日、地域新電力事業に関する株式会社ほくだん、シン・エナジー株式会社との連携協定の記者発表において、2050年ゼロカーボンシティの表明を行いました。

趣旨

・あわじ環境未来島構想が掲げる、地域で生み出されたエネルギーを活用する「エネルギーの地産地消」を推進する。
・地域の公共施設、市民及び地域の施設へ安定的に電力を供給するとともに、地域経済の活性化に寄与する活動を推進する。
・再生可能エネルギーの普及・促進に努め、より良い地球環境を残すため、脱炭素社会「カーボンニュートラル」の実現を推進する。

今後の取組み

地域新電力をプラットフォームとした、環境・経済・社会が統合的に循環するローカルSDGs、カーボンニュートラルを目指し次の取組みを進めます。
・地域資源を活用した再生可能エネルギーの創出
・エネルギーの地産地消
・BCP対策と地域レジリエンスの向上
・地域の課題解決
連携協定締結の様子

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

新型コロナウイルス関連情報