ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 商工観光課 > 県立淡路島公園

県立淡路島公園

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月10日更新 <外部リンク>

県立淡路島公園について

神戸淡路鳴門自動車道・淡路ICの西、標高80~200mの丘陵地に広がる面積1488haの自然豊かな公園。一般道からはもちろん、”高速道路を降りずに淡路サービスエリアからも直接アクセスできる”のが特徴です。
  目の前に明石海峡大橋と須磨・舞子・六甲の山々を見渡せるロケーションのよさが自慢で、見渡せばはるか播磨灘から紀淡海峡まで、ワイドなパノラマが広がります。夜は対岸の神戸から明石にかけて広がる100万ドルの夜景が見逃せません。
  地ビールの飲めるレストランやカフェ、大型土産物店などがあるハイウェイオアシスゾーン(オアシス館・テラスガーデン・花の谷)、森のゾーン(林間広場・アジサイの谷・展望広場)、交流ゾーン(大型遊具・ローラーすべり台ほか)の3つのゾーンに多彩な楽しみが盛りだくさんです。

お問合せ先 Tel 0799-72-5366 Fax 0799-72-5368

ハイウェイオアシスゾーン

 明石海峡を見下ろしながら、食事やショッピング、庭園の散策などが楽しめます。このゾーンの中心施設となるオアシス館ではレストランや売店の他、淡路島を紹介する情報センターなどが利用できます。

ハイウェイオアシスゾーンの外観写真

森のゾーン

 森林に囲まれた遊歩道を散策しながら、淡路の自然を楽しむことができます。また、展望広場では、明石海峡から大阪湾までの大パノラマが目の前に広がります。

森のゾーン園路の写真森のゾーンの写真

交流ゾーン

 昭和池の周りを大型スライダー(すべり台)などの遊具で遊びながら、一周する事ができます。石や木などの自然素材を使ったアスレチック遊具で子供も大人も一緒に楽しめます。

「県立淡路島公園」のホームページはこちら<外部リンク>