ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 福祉総務課 > 母子家庭等医療制度

母子家庭等医療制度

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新 <外部リンク>

母子家庭等医療制度の説明

対象となる人

 健康保険(国民健康保険、社会保険など)に加入している方で 

  • 次の要件を満たす18歳に達した年度末までの児童または、20歳未満の高校在学中の児童及びその児童を監護する母または父

    (1)母子家庭   市内に住所を有する母子家庭の母及びその児童

    (2)父子家庭   市内に住所を有する父子家庭の父及びその児童

    (3)遺児      両親と死別した児童

所得制限:児童扶養手当の所得制限(全部支給)の基準を準用    

扶養親族等の数

   母等扶養義務者

  限度額  収入額
 190,000 920,000
 570,0001,300,000
  950,0001,717,000

1,330,000 2,271,000
1,710,0002,815,000
2,090,0003,359,000

医療費の一部負担金

外来:1医療機関あたり1日800円(低所得者は400円)を限度に月2回まで自己負担

入院:定率1割負担で1か月の負担限度額3200円(低所得者は1600円)までを自己負担

 ※連続して入院した場合、4ヶ月目以降の一部負担金は不要です。 

手続きなど

  印鑑、保険証等をお持ちの上、市役所福祉総務課または各事務所 市民窓口課まで申請してください。

問合せ先

     淡路市役所 健康福祉部福祉総務課 福祉医療係  Tel:0799-64-2509、Tel(IP):050-7105-5009

IP電話について

  淡路市では市内公共施設にIP電話を導入しています。ケイオプティコム提供の 「eo光電話」及び無料提携プロバイダーのIP電話から公共施設のIP電話へおかけいただくときは通話料が無料になります。