ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

契約時に注意すること

印刷用ページを表示する掲載日:2013年5月10日更新 <外部リンク>

悪質商法の手口は限りがありません。次々に新しい手口が出てきますので注意が必要です!

契約時には下記のことに注意しましょう!!

契約先の情報を確認する

相手の会社名・住所・電話番号など、連絡先や担当者の身分証を確認しましょう。
名刺等もらっておきましょう。

うますぎる話には注意

無料進呈や激安、抽選で当選したなど、世の中にそんなおいしい話はそうそうありません。うますぎる話には用心しましょう。

本当に必要か確認する

高価なものを買うときなどは、それが本当に必要なものか、一度冷静になって考えましょう。

契約書にサインする前に

トラブルのもとにならないように、契約書は隅々まで読んで、わからなことは確認しましょう。

断るときははっきりと

「結構です」「いいです」等の返事は相手がOKと受け取る場合があるので「お断りします」    「いりません」とはっきり断りましょう。

お支払いは後で

契約後、その場で代金を支払ってしまうと後で解約できなることもあります。考える時間を持ちましょう。

知識を身につける

契約の知識を身につけることでトラブルは軽減します。

しつこい相手には110番を

契約しないと明言したのに、しつこく迫ってくるときには、根負けする前に110番しましょう。

迷ったら第三者に相談

迷ったら一人で悩まずに、家族や友人・消費生活センターや法律相談窓口等の意見を参考に しましょう。

商品に関する情報を確認

商品の「価格や送料」「支払方法と時期」「商品の到着時期」「返品や交換の可否」を確認しましょう。