ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 4回目接種実施中 接種体制が変わっています

4回目接種実施中 接種体制が変わっています

印刷用ページを表示する掲載日:2022年8月4日更新 <外部リンク>

60歳以上などが対象 間隔は5カ月

重症化予防を目的とし、60歳以上の方などを対象に新型コロナワクチンの4回目接種を実施中です。

4回目接種の対象者は、3回目接種から5ヵ月が経過した
(1)60歳以上の方
(2)18歳以上で基礎疾患を有する方
 その他重症化リスクが高いと医師が認める方
(3)医療従事者等と高齢者施設等従事者
です。
上記対象(1)・(2)の方で、3回目接種から5ヵ月経過した方へ順に、4回目の接種券一体型予診票を送付します。
※(2)の方は、「接種券発行申請書【4回目接種用】」が必要な場合があります。
※(3)の方は「医療従事者等の4回目接種に係る予診票等の発行について」をご覧ください。

接種体制が変わっています

4回目接種に伴い、接種体制が変わっています。
ワクチンは供給量を考慮し、医療機関による個別接種はモデルナ製、集団接種はファイザー製に変更しています。ともに同じmRNAワクチンです。
4回目接種をご希望の方は、ワクチンの種類を選ばず、早めの接種をご検討ください。
4回目接種実施中