ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 防災情報 > 火事と救急

火事と救急

印刷用ページを表示する掲載日:2012年9月18日更新 <外部リンク>

119番のかけ方

 火事や救急などの緊急時に119番するときは、次の要領で落ち着いて、はっきりと連絡してください。

火事の場合

  1. 火事です。○○が燃えています。
  2. 住所は○○○○です。
  3. 目標は○○○です。
  4. わたしは○○(住所)に住む○○(名前)です。
  5. 電話番号は○○局○○○○です。

救急の場合

  1. 交通事故(急病)です。
  2. 住所は○○○○です。  
  3. 目標は○○○です。
  4. 負傷者(病人)は○○で、状況(症状)は○○です。  
    ・事故の場合:事故の状況、負傷者の数、容態
    ・急病の場合:患者の性別、年齢、症状  
  5. わたしは○○(住所)に住む○○(名前)です。
  6. 電話番号は○○局○○○○です。

※119番は、火事や救急などの緊急通報用ですので、問い合わせ等では使用しないでください。救急車の正しい利用を!

緊急性のない軽いケガや病気などの場合は、救急車の利用はできません。

緊急時に備えるため、救急車の正しい利用をお願いします。  

消火器の使い方

粉末・強化液消火器の場合

  1. 安全ピンに指をかけ上に抜く
  2. ホースをはずして火元に向ける
  3. レバーを強く握って噴射する

消火器の構え方

  1. 風上に回り風上から消す(火炎にはまともに生対しないように)
  2. やや腰を落として姿勢をなるべく低くし、熱や煙を避けるように構える
  3. 燃え上がる炎や煙に惑わされずに、燃えているものにノズルを向け、火の根元を掃くように左右に振る